し‐おん【紫苑・紫 】‥ヲン
 キク科の多年草。シベリア・モンゴルなどアジア東北部の草原に広く分布。
西日本にも自生するが、観賞用に栽培。茎は直立し、高さ一・五メートル前後。
秋、茎の上部で小枝を出し、多数の淡紫色の優美な花をつける。
鬼の醜(シコ)草。のし。しおに。 季・秋