し‐らん【紫蘭】
 ラン科の多年草。西日本の草原に自生するが、多くは観賞用に各地で栽培。地下の塊茎は円くて白色、数個連なる。葉は通常四~五枚で、広披針形をなし、長さ約三○センチメートル。五月頃花茎を出し、紅紫または白色の花をつける。塊茎は生薬の白 (ビヤクキユウ)で、外傷などの治療、また糊料に用いる。朱蘭。 季・夏
 フジバカマの異称。