ジギタリス【digitalis ラテン】 狐の手袋
ジギタリス属の多年草。南ヨーロッパ原産の薬用・観賞用植物。高さ約一メートル、全体に短毛がある。葉は楕円形で下部の葉柄は長く、上部のものは無柄。夏、茎頭に長い穂を出し、淡紫紅色の鐘形花を一側面に並べて開く。葉を陰干しにして強心剤とするが劇毒。別
名、狐の手袋。また、広義にはゴマノハグサ科ジギタリス属植物(その学名)。