うつ‐ぎ【空木・卯木】
ユキノシタ科の落葉低木。日本各地の山野に自生。高さ一~二メートル、多くは叢生。皮は淡褐色・鱗片状。幹が中空なところからの名。初
夏、鐘状の白色五弁花を円錐状につけ、球形の 果(サクカ)を結ぶ。観賞用・生垣などに植える。材は極めて固く木釘に用い、枝葉の煎汁は黄疸(オウダン)にきくという。また、広くはマルバウツギ・ヒメウツギなどの総称。ウノハナ。カキミグサ。〈本草和名〉